地代更新料のお悩み解決

借地権?立ち退き料の計算方法は?

借地権を巡って発生するお金の1つとして「立ち退き料」というものがあります。立ち退き料というのは地主、すなわち賃貸人が、貸借人に対して立ち退きを要求する場合に支払う費用のことを言います。さまざまな理由によって賃貸人が現在の土地を使用したいと思った場合、貸借人に対してどの程度の費用を支払えば納得してもらうことができるのか、というのがこの立ち退き料のベースとなっています。地主側からすれば、「自分の土地である以上、契約更新を行わなければ良い」と思われるかも知れませんが、法律上「特別な理由」がない限り、立ち退きを要求することはできないようになっているため、このような形で折り合いをつける必要があります。

さて、その立ち退き料の設定ですが、具体的な金額設定が存在しているわけではありません。例えば貸借人がその土地を何に使っているのかによっても、立ち退き料の算出方法が変わることになります。宅地として利用している場合と、商売のために利用している場合とでは、立ち退きをしてもらう事によって発生する経済的損失に違いがあるためです。その商売が大きな利益をもたらしているものであるならばなおさらで、よほど大きな金額を立ち退き料として提案しなければ納得してもらえない事が多くなるでしょう。

また、この立ち退き料は「賃貸人」側の事情によっても変わります。他に利用できる土地がなく、どうしてもその土地を立ち退いて貰わなければ困る、という時は低くなります。