地代更新料のお悩み解決

建物を建てなおしたいけど、許してもらえない

借地で利用している建物が老朽化しているなどの理由によって、増改築を行いたいと考えるケースもあります。この場合には、地主に対して増改築承諾という許可を取らなければなりません。許可を取らずに増改築を行った場合には契約解除の正当事由に該当してしまうため、それが理由で契約を解除されてしまう可能性があります。これは増改築を行うことによってその土地の持っている価値が変動し、固定資産税額などが増額する可能性があるためです。

そのため、一般的には増改築承諾は無料で受けてもらうことはできません。これについては、当初の契約を覆しているのが借主側であるため、増改築承諾料を支払うことで許可をもらうのことになります。この際にも両者の信頼関係が重要で、それによっては無料で許諾してもらえるような場合もありえます。しかし、そうでない場合には増改築承諾料の相場を知っておき、それを元に交渉をするのが基本となります。

ただ、相場にそぐう額の増改築承諾料を提案しているにも関わらず拒否されてしまう場合には、裁判所に申し立てることによって承諾の代わりの許可を得ることができるケースも有ります。どうしても両者間で合意に至る事ができない場合には司法に介入してもらうのが良いでしょう。といはいえ、これは確実におりる許可ではなく、その増改築が土地の通常の利用上相当であると判断される内容でなければなりません。逸脱した内容の場合、裁判所でも許諾されません。