地代更新料のお悩み解決

そもそも更新料って払わなければいけないの?

では、そもそも借地の契約を更新するにあたって、更新料を支払うことは法律的に必要なことなのでしょうか。これについては、法律的な裏付けのある、正当な請求であるかどうかによって判断が違います。少なくとも、更新の時になって急に多額の更新料を設定し、支払うように要求された、という場合については支払う必要はありません。では、どのような条件がある場合に正当な請求として扱われるのでしょうか。

まずは、契約時に同意をしている場合が挙げられます。これは土地に限ったことではありませんが、更新料の定めも最初の契約の時点で行われているのであれば同意しているものとして正当性を有することになります。逆に言えば、この際に同意をしていないのであれば、ほとんどのケースで法律的に見て支払う必要はありません。

ただし、請求された更新料の金額が常識的な範囲内のものであるのであれば、支払うのも一つの選択肢となります。地主との関係を良好に保つことは借主側としてもメリットがないことはなく、法律的に支払う必要がないという理由だけで完全に拒否するのが正解とは限りません。例えば、最終的には認められない可能性が高いとしても、借地人の土地使用継続を阻止するような裁判を起こされる可能性があります。さらに、借地人による借地の譲渡のように、地主側の許可が必要なものを拒否されてしまう可能性もあります。これらのことも総合的に判断し、更新料を支払う方がメリットが大きいなら支払うべきです。